積極的な運用と堅実な運用がある

老後資産を積み立てる時、積極的な運用と堅実な運用から選ぶ必要があります。積極的な運用は、大きく増やす可能性も減らす可能性もある運用方法になります。イデコを使って運用する時には投資信託を選べるので、株式等に投資をする投資信託を選べば積極的な運用が可能になります。堅実な運用はできるだけ元本を守る運用で、あまり増やせませんが減りもしません。預金商品なら元本を守れるときもあります。イデコでは債券を中心に投資をする投資信託であったり、預金商品、保険商品などを選べば堅実な運用が行えます。それぞれの人や事情によって積極運用がいい時、堅実運用がいい時があるでしょうから、上手く選択すると良いでしょう。途中で変更もできます。

金融機関によって商品が異なる

イデコを使うと、老後資金の運用が可能になります。利用する時には自分で金融機関を選ぶ必要があります。すべての金融機関で行えるわけではないので、利用できるところを探さなければいけません。さらに注意としては各金融機関で利用できる商品が異なる点でしょう。銀行であれば預金商品があり、投資信託などは少なめになります。証券会社では投資信託が中心になります。証券会社は通常は預金商品を扱っていませんが、イデコ口座を保有する人に対しては預金商品が利用できるときがあります。他の銀行と提携をしていて、そちらの預金を使えます。しかしすべての証券会社で用意しているわけではありません。各社の用意している商品をじっくり比較すると良いでしょう。

イデコとは個人型確定拠出年金のことをいいます。また確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。