借入よりも使い勝手の良い制度とは

企業を経営する上で運転資金をいかに調達するかは経営者にとって頭の痛い問題です。一般的には銀行借り入れを利用することが多いですが、それ以外の方法としてメリットの大きいのがファクタリングです。このファクタリングというのは、会社の売掛金を譲渡するかわりに、支払日よりも前にキャッシュを受け取ることができる仕組みで、専門のファクタリング会社がサービス提供をおこなっているものです。

ファクタリングのメリットとは?

では、具体的にこのファクタリングのメリットとは何でしょうか。まず何と言っても大きいのが、迅速に資金を調達できるということです。通常の企業であれば売掛金を実際に現金化できるのは、その支払期限が到来してからとなりますが、ファクタリングを使うことでそのサイクルを大幅に短縮することが可能です。銀行借り入れに数週間を要することを考えれば、その利点は明らかでしょう。次に、審査基準で見られるのは、売掛金の返済の確度であり、企業の信用はあまり問われないということもメリットといえます。特に、中小企業が大企業と取引した場合の売掛金であれば、中小企業よりもはるかに信用力が高く、通常では銀行融資が受けられない状況でも資金化することが可能となります。また、ファクタリングは、売掛金そのものが担保のようなものですので、借入のように別に担保を差し入れたり、保証人を立てる必要がなく、安心して利用することができるようになっています。こういったファクタリングのメリットを生かすことで、企業経営をよりスムーズに行うことができるようになることでしょう。

入金予定の売上を最短即日で現金化できるファクタリングは、企業の安定したキャッシュフローを保つシステムの一つです。