基本的なことが学べる

声優として活躍するには、そのキャラクターに合った声を常に出せないといけません。毎回声が変わっているようではいけませんし、視聴者に違和感を与えてしまいます。その為には、ただ単に特徴的な声を出すだけでなく、それを持続させる訓練が必要になるのです。しかし、呼吸法や発声法などは独学では難しいですし、間違った訓練をしているとあまり意味がありません。声優学校ではこれらの基本的な訓練を一から学ぶことができますし、現役の声優を講師で招くなどして声優としての心構えも学べます。

学んだ後は勝負の世界

声優学校を出た後は、全ての人が声優として活躍できる訳ではありません。数々のオーディションに参加するような日々になりますが、合格して実力が評価されたら本格的に声優の道を歩むことになります。残念ながらオーディションに合格できなければ仕事を獲得できないので、続けるか否かの判断を迫られます。どのように活躍していきたいかビジョンをしっかり考えて、積極的に自分を売り込む必要があります。

生放送サイトなどで自分を売り込み

声優学校で基本的なことを学んだら、それを生かす為に生放送をするのも一つの手段です。オーディションに合格するのが一番良いですが、何がきっかけで関係者の目に留まるか分かりません。生放送サイトで知名度を上げれば必然的に注目度も高まるので、思わぬ道が開けるかもしれないです。

有名になっていくには自分の名前や顔などをある程度出していかないといけませんが、これも仕方ありません。

声優の専門学校とは、声のプロフェッショナルになるため、ヴォイストレーニングといった基礎からハイレベルなレッスンまでを実習するところです。