受験を目指す子たちと一緒に学べる

小学校を卒業すると中学校に進学しますが、公立の中学校に進学するのであれば受験は必要ありません。小学校同様に住所地を校区とする中学校があるのでそちらに進学しますが、学力のレベルなども問われません。そのため小学校においては中学受験を積極的に薦める進路指導はありませんし、クラス内にも中学受験をする子があまりいないときもあり、高校受験や大学受験前のピリピリした雰囲気を小学校の教室では味わえないでしょう。中学受験をする上では塾を利用するのが良く、メリットとして受験を目指す子と一緒に学べる点が挙げられるでしょう。進学を目的にしている塾に来ている子はほぼ中学受験をするので、子供の学力意識は高いですし先生からもしっかりサポートを受けられます。

宿題が多い所か自己学習を重視するか

小学校での勉強は低学年だとそれほど難しくなく、幼稚園や保育園の延長の部分も見られるでしょう。中学年や高学年になってくると徐々に難しい内容になってきますが、中学受験をしないのであればそれほど必死に勉強する必要はないかもしれません。ただ中学受験になると小学校で習う内容をきちんと理解してさらに応用力をつけるなどが必要で、学校だけの勉強では難しくなります。そこで塾を選びますが、塾によって特色があるので子供に合ったところを選ぶ必要があります。小学校中学年ぐらいだとまだ自己学習の意識が少ないので、宿題を多く出して勉強の習慣をつけてくれるところが良いかもしれません。一方自己学習ができている子は授業のスピードの速いところを選ぶと学力向上がしやすいでしょう。

少子化が問題視されている昨今ですが、むしろ子供ひとりに対しての教育熱は高まる傾向にあり、これに伴って学習塾も量より質の転換が進んで個別指導化がひとつの流れになっています。