おとなしくて成績がちょっと振るわない子

周りの子と比べて、おとなしくて内向的な子は、いきなり大人数の塾に入れてしまうと委縮してしまい、成績が思うように伸びません。しかしこういった子は、自分に自信をつけることで意外にも成績が伸びやすいという特徴があります。まずは少人数性や個別塾で苦手な教科を克服し、自分に自信がついたところで、受験対応塾や大人数の塾に変わるのがいいですね。

成績優秀でリーダーシップをとる子

学校の成績が優秀ということは、勉強の目的が自分ではっきりしているということです。こういうタイプの子は、大人数の塾で周りと切磋琢磨することで、より成績を上げることが可能です。成績別にクラス分けされているような大手塾は、同じクラスの中に同じような成績の子がたくさんいます。その中で順位を上げることができるのは、自立心がすでに芽生えているからと考えられるでしょう。ひとつ注意しなければならないのは、学校の成績と塾の成績は必ずしも一致しないということです。学校の勉強は誰にでもわかる基礎的なことがほとんどです。一方で進学塾は発展的な問題を学ぶため、問題がわからないということも多々あります。自分の実力を過大評価しないことも大切なのです。

反抗期に差し掛かった子

反抗期に入った子供は、勉強に対しても反抗的な態度をとることは少なくありません。反抗期の子供に親が勉強を教えるのは、お互いに感情的になってしまうためやめた方がいいでしょう。かといって集団塾では、反抗的な態度で周りを困らせてしまうこともあります。そこで、子供を尊重した、相性のいい家庭教師などをつけるのがおすすめです。少人数性や個別塾で、気の合う先生を見つけるのも方法のひとつですね。

個別指導はマンツーマンで教えてもらえるため、自分のペースで学習したい子どもや、人前で発言することが苦手な子どもに最適です。