社会保険労務士の役割や目的は?

社会保険労務士とは、その名の通り、社会保険と労働に関する法律の専門家を指します。国家資格であり、試験に合格して登録した者だけが名乗れる、業務独占資格です。仕事で必要になる社会保険分野の法律としては、健康保険法をはじめ国民年金法や厚生年金保険法などが挙げられます。また労働分野については、労働基準法をはじめ労働安全衛生法や雇用保険法、さらに労働組合法や育児介護休業法など、幅広く多岐にわたります。社会保険労務士はこのような社会保険や労働に関する法律を駆使して、個人や企業から依頼される様々な相談に応じ、適切なアドバイスや迅速な手続き等を行って、問題の解決を目指します。

社会保険労務士はどんなところで活躍できる?

社会保険労務士になると、主に2つの働き場所があります。まず1つ目は、社会保険労務士事務所や法律会計系の事務所です。ここでは個人から法人まで対応し、業務内容も賃金や労災あるいは年金保険など、バラエティに富みます。ただし事務所ごとに得意とする分野があり、対象とする相手も法人中心または個人中心であったりと、その性格は大きく異なります。
2つ目は、企業内の総務や人事といった部署で、従業員として働くケースです。この場合には、社会保険労務士として就職するよりも、最初は通常の社員として入社して、働きながら有資格者になるパターンが一般的です。ここでは全従業員の給与計算をはじめ、健康保険や厚生年金保険に関する計算または手続き、さらに福利厚生についての環境づくりにも関わります。企業にとっては外部の社会保険労務士へ委託する必要がないので、コストダウンにつながるメリットもあります。

社会保険労務士の就業規則は、就業形態によって変わってきます。自分で開業しているのか、企業に雇われているのかで従う就業規則も違います。